次亜塩素酸水がコロナに対して有効性が確認されていないと中間発表された件について

2020年5月29日、NITE 製品評価技術基盤機構(以下、NITE)は新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっている「次亜塩素酸水」について、現時点では有効性は確認されていないとする中間結果を公表しました。
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200529005/20200529005.html

有効性が確認されていないという発表について、
まだ試験をして確認をしているところだからなんとも言えないということです。

一部報道では次亜塩素酸水は効かなないというような内容ものも見かけますが、
そういった趣旨の内容を製品評価技術基盤機構が公表したわけではありません。

また、次亜塩素酸水というものの中にもいろんな成分のものがあるので、次亜塩素酸水が効く・効かないという話ではなく、どの次亜塩素酸水が効くのかということになってくると思います。

例えば、phの違いによって以下のように分類されています。
ただ、世の中ではどれも次亜塩素酸水と呼んで同じものとして扱っています。

強酸性電解水 pH ~2.7
弱酸性電解水 pH 2.7~5.0
微酸性電解水 pH 5.0~6.5

また、同じ弱酸性電解水の中にも様々な塩素濃度のものがあります。

50ppm、100ppm、200ppm、400ppmなどなど。

弊社のケアプラス は弱酸性電解水(pH4.5程度)で塩素濃度は50ppmと
非常に低い塩素濃度となっています。

理由は水と塩以外の余分なものは一切入れず
電気分解することで生成しているためです。

次亜塩素酸水もどきの物であったり、自社でテストしていないものを
次亜塩素酸水だから大丈夫ですと販売している商品もあるので、
pHや塩素濃度などはチェックするようにしてください。