次亜塩素酸水が危険だという報道に関して

ケアプラス

新型コロナウイルスの騒動に乗じて「次亜塩素酸水」もしくは
それに類する商品が突然大量に出回りました。

安全性が確認されていない商品も数多くあり、
販売者が理解していない場合も多いので、
正しい理解で商品を選び、正しく使いましょう。
 
また、一部マスコミの報道によって、いくつかの事実がねじ曲げられているものもありますので、
改めて説明したいと思っています。

まず、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは全くの別物です。

以下に、NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)が発表している内容に関して記載したいと思います。このNITEの発表をもとに経済産業省などが発表を行っています。

次亜塩素酸水に関すること

Q:「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は同じものですか?
A:違うものです。
「次亜塩素酸ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられるアルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使われています。「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中です。

Q:「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
A:「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところです。塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが、2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。

※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。

Q:「次亜塩素酸水」で手指消毒を行ってもよいのですか?
A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、手指消毒は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」を手指や皮膚の消毒で利用することは安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、手指、皮膚での利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」の利用に当たっては、メーカー等の提供する情報等をよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。

Q:「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?
A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。


Q:「ファクトシート」は、経産省・NITEの見解として出されたものですか。
A:本資料は、新型コロナウイルスの消毒において期待される「次亜塩素酸水」について、その販売実態や空間噴霧をめぐる事実関係を、現時点までに得られた情報に基づいて経済産業省がまとめたものです。
経産省やNITEとして何らかの見解を示すものではありません。今後、新たな知見が得られましたら随時修正が行われます。

多くのメディアの報道では、次亜塩素酸水はコロナに効かないという趣旨の報道を行っており、
消費者の不安を煽るような残念な報道になっています。

ただ、確かにいくつかの商品に関しては、次亜塩素酸水と謳いながらも安全性が確認されていないような
危険な商品も出ています。

次亜塩素酸水安全性確認ポイント

  • 次亜塩素酸水の塩素濃度が高いものは危険です。100ppmを超えるような塩素濃度の高い次亜塩素酸水はそのまま使用するのは危険です。
  • pHが示されていない次亜塩素酸水は危険です。pHによって使用用途や安全性がことなります。次亜塩素酸水はpHによって強酸性、弱酸性、微酸性に分けられます。
  • 原料が示されてない次亜塩素酸水は危険です。なにか混ぜ物がしてある可能性があります。
  • 安全性試験を独自に行っていない商品は危険です。他社の検査結果を持って安全と謳っている会社があります。

ケアプラス は以下の通りです。

  • 塩素濃度50ppm(製造時)
  • 肌と同じpH4.5程度(弱酸性)
  • 原料は純水と塩のみ
  •  未開封の状態で3年

ケアプラス 安全性試験

【ウイルス不活化試験】

①ノロウイルス(代替え:ネコカリシウイルス)  <エンベロープなしウイルス>
 検査機関:日本食品分析センター

②インフルエンザウイルス<エンベロープありウイルス>
 検査機関:株式会社ビオスタ

【除菌試験】

③セレウス菌<芽胞菌>

検査機関:食品分析開発センター

④大腸菌<一般細菌>

検査機関:食品分析開発センター

⑤黄色プドウ球菌<食中毒苗>

検査機関:食品分析開発センター

⑥緑膿菌<食中毒菌>

検査機関:食品分析開発センター

【安全性の根拠】

⑦経口毒性試験

検査機関:食品分析センター

⑧肌パッチテスト

検査機関:株式会社 S2リサーチラボ

以下の記事にあるような次亜塩素酸水の検査結果も出てきてますので、正しい情報がでるまでもう少し待ちたいと思います。

北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化
株式会社あかりみらいのプレスリリース(2020年6月2日 12時18分)北大研究グループが第二弾発表 のウイルス不活化

ケアプラス は純水と塩を電気分解してできた弱酸性電解水です。
独自の特許技術にて3年間の保存にも成功しています。

余計なものを混ぜないで、安定して保存できる商品を目指しました。

独自の安全性試験にも合格しており安心して使っていただける商品です。